消毒・害虫駆除

庭木は常に害虫の標的となります。
特に毛虫の中にはチャドクガの幼虫などの毒性を持つものもあり、庭木や人間にとっても有害な存在であるため注意が必要。

春先に大量発生する害虫や病気は、冬の時期に消毒を行なうことで予防することもできます。
また冬の時期以外にも、春先から秋にかけて継続的に消毒を行なうことで、より効果的に。

樹木に合わせた薬剤の選定が難しいなど、消毒剤の取り扱いは一般の方にとってハードルが高いもの。
誤った消毒方法で高い効果を得ることは難しいので、造園のプロである当社にお任せください。

◇ 消毒の目的

消毒の目的は大きく分けて2つ。
ひとつは病気の予防、もうひとつは害虫の発生を未然に防ぐこと。
これらの消毒は、まず冬から春先にかけて行うことをオススメしています。

①病気の予防
葉に斑点がある、変色している、しおれているといった症状は病気のサイン。
このような場合、剪定や消毒で解決できることもありますので、まずはご相談ください。

菌によって病気になった植物を放置してしまう、他の庭木にも感染することがあります。
病気の進行度や症状によっては、処分することになる可能性も。

お客様にとって愛着のある大切な庭木ですから、処分するのは心苦しいことかと思います。
早めの消毒で、病気を予防しましょう。

②害虫発生の予防
害虫は3月から9月にかけて発生します。
特に7月から9月にかけては大量発生しやすい時期。
冬から春先にかけて消毒することで、この時期の大量発生をある程度予防することができます。

特に毛虫の中にはチャドクガの幼虫など毒性を持つものもあり、庭木にとっても人間にとっても有害な存在。
害虫の大量発生を予防する意味でも、病気を予防する意味でも消毒を徹底しましょう。

◇ 害虫駆除

葉がかじられたような痕や、葉の中に潜り込まれたような痕跡があれば害虫出現のサイン。
それぞれの害虫に最適な薬剤を散布し、駆除します。
ただし、冬の間に消毒で害虫発生を予防しても、残念ながらお庭からすべての害虫が消え去るわけではありません。

新芽の芽吹きと共に害虫も羽化するので、まずは梅雨入りまでの害虫駆除が重要。
その後夏が終わり、秋にかけて発生する害虫を駆除します。
特にチャドクガは10月頃に葉の裏に産卵することもあり、この時期の駆除が翌年のお庭の安全に影響します。

【電話】090-6077-0018
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【営業時間】7:00~18:00(不定休)
【対応エリア】湘南地域中心に神奈川県全域・東京都一部エリア ※対応エリアについてはお問い合わせください。

一覧ページに戻る